アルケミストお勧めアビリティ

アルケミストのアビリティの中でお勧めのアビリティと、他のジョブでアルケミストでも使えるアビリティについて説明します。

アルケミストお勧めアビリティ

アビリティ名効果コスト解説
奪視攻撃時に、より敵の注目を集めるようになる4コストが軽く使いやすい。アルケミスト以外でも赤職でターゲットを取っていたほうが戦いやすい場合などにつけるといい。
絶威瀕死状態中のスタミナ回復速度が上昇する6本領ビルドで入れておくと便利。ただ、ガラが使用できる場合はあまり必要ない。
乖視攻撃をヒットさせても敵から注目されにくくなる4青職がいないとき、ソーサラーがターゲットを取ってしまう場合に便利。
顕在敵からの注目度が時間経過で下がりにくくなる6ターゲットを維持するのに便利。特にシールドセージのアトラクトは無防備になるため、その時間を短縮できる。
錬護錬金系の敵から受けるダメージ量が減少する5錬金種が増えているため取っておいて損はない。黄金竜GMでも使える。
迫技瀕死状態中、カスタムスキル使用時のスタミナ消費量が軽減される 3本領ビルドで入れておくと便利。ただ、ガラが使用できる場合はあまり必要ない。
錬狙錬金系の敵に与えるダメージ量が増加する9黄金竜GMでは必須。
侵錬エリクシル発動時、変換する状態異常値が上昇する7アルケミストで状態異常を狙う場合はほぼ必須。これ無しでは単体で状態異常を取るのは時間がかかってしまう。
薄在敵からの注目度が時間経過で下がりやすくなる6青職がいないとき、ソーサラーがターゲットを取ってしまう場合に便利。
挑錬攻撃時に、敵に与える錬成値が上昇する8アルケミストでは必ず入れておきたい。エリクシルでの状態異常、ダメージを上げることができる。
盛精スタミナの回復速度が上昇する9ガラが制限されているEMでは便利。コストが重いのが玉に傷。
竜護竜族系の敵から受けるダメージ量が減少する5竜種はどれも火力が高いため、被ダメを減らすのに有効。
快動カスタムスキル使用時のスタミナ消費量が軽減される6ガラが制限されているEMでは便利。盛精よりもコストが少ないのが利点。
竜狙竜族系の敵に与えるダメージ量が増加する9GM、EMでの火力アップに。

アルケミストはスタミナに関するアビリティが多い。ガラがガブ飲みできる場合はあまり効果はないが、EMなどガラの使用に制限がある場合はとても便利なので取っておいて損はない。また、種族特効アビリティも錬金、竜族と強力な敵が多い種族なので必ず取っておこう。

次に他のジョブでアルケミストでお勧めのアビリティを紹介します。

アビリティ名効果コスト説明
壮腕スタミナが一定量以上のとき筋力が増加する10プリーストがいるときの火力UPに。
闘勢体力が一定量以上のとき筋力が増加する10自分だけで手ごろに火力UPできるので是非入れておきたい。
○狙○○系の敵に与えるダメージ量が増加する7~9討伐対象が特定されている場合、多きな火力UPが見込める。
攻○○属性攻撃によって与えるダメージ量が増加する4~7武器にクレストを付けるだけで簡単に火力が上げられる。

アルケミストはシールドセージと違ってある程度の火力が求められるので、火力UPのアビリティはいくつか入れておきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA